▲ ページのトップへ

操作説明

【2】ファームウェアのアップデート方法
Smart Beam Laserをより安定した状態でお使いいただくため、最新版のファームウェアへのアップデートを推奨します(2016年10月19日現在の最新バージョンは1.1.8です)。ここでは、スマートフォンを使って、Smart Beam Laserのファームウェアをアップデートする方法をご紹介します。
※注意:Smart Beam Laserおよびスマートフォンのバッテリーが途中で切れないようにご注意下さい。
※注意:下記の例で使用しているスマートフォンは「iPhone 6」ですが、Androidスマートフォンでも手順は同じです。

1. Smart Beam Laserの電源を入れ、スクリーンなどに投映します。アップデートが終わるまで、投映したままにしておいてください。
2. 投映された画面が、全体的に赤っぽい「Media Sharing」モードになっていることを確認して下さい。青っぽい画面が投映されている場合は「Media Mirroring」モードなので、電源スイッチをすばやく2回押してモードを切りかえて下さい。
※注意:Androidスマートフォンを使っている場合も、ファームウェアのアップデートは「Media Sharing」モードで行います。

3. 「設定」アイコンをタップします。

4. 「Wi-Fi」メニューをタップします。

5. 「ネットワークを選択」のリストから「SMARTBEAMLASER-○○」を選択します。画面をミラーリングする必要はありません。
※この時、「インターネット未接続」の表示が出る場合がありますが、作業には支障ありませんのでそのまま進んでください。

6. ホーム画面に戻ってブラウザアプリ(Safariなど)を立ち上げ、アドレスバーに「192.168.49.1」と入力し、アクセスします。

7. ブラウザにSmart Beam Laserのセッティング画面が表示されます。

8.「WiFi」のボタンをタップし、「WiFi connection」画面で「Search」ボタンをタップします。

9. しばらくすると受信したWiFi回線のリスト(所有している無線ルーター、フリー回線など)が表示されるので、接続したいWi-Fi回線を選択します。

10. 9で選んだWiFi回線のパスワード(ルーター等に接続するためのパスワード)を入力し、「Connect」をタップします。

11. Smart Beam Laserの投映画面に「Connecting」と表示されます。しばらくして、接続が成功すると「Internet Connected」と表示され、Smart Beam Laser本体がルーターと接続した状態になります。
※注意:何分経っても「Connecting」のままになってしまったら、機械がハングアップしています。本体背面(レンズがある面の反対側)にあるリセットスイッチを針状の細い棒で押して、Smart Beam Laserを再起動し、手順1からやり直して下さい。

12. 接続が成功すると、スマートフォンの画面にも、接続したWiFi回線の名前と「Connecting Forget」と表示されます。

13. スマートフォンの画面左上の「HOME」をタップして初期画面に戻り、「F/W Upgrade」のアイコンをタップします。

14.「F/W Upgrade」のボタンをタップすると「Applying this setting will restart your Smart Beam」と表示されますので、「OK」をタップして下さい。

15. Smart Beam Laserの投映画面が切り替わり、「Connecting」と表示され、ファームウェアのダウンロードが始まります。続いてファームウェアの書き換え作業が始まり、その進行度合いがSmart Beam Laserの投映画面に表示されます。

16.ファームウェアのアップデートが終わると、Smart Beam Laserが自動的にリスタートします。Media sharingモードの画面になったら、作業終了です。


【3】Smart Beam Laserを無線ルーターに接続して利用する方法
(iPhone・iPadユーザー向け)

Smart Beam LaserとiPhone・iPadをAirPlayで直接接続した状態で、スマートフォンでインターネットにアクセスすると、3G、4Gなどのモバイルデータ通信回線を利用することになります。
この状態で動画配信サイト(Huluなど)にアクセスすると、Smart Beam Laserで大スクリーンに映して動画を楽しむことができますが、スマートフォンで受信するデータ通信量が膨大になるため、通信量の上限(3日間で1GB、1ヶ月で7GBなど)を超え、通信速度の制限を受けてしまうおそれがあります。

この事態を防ぐためには、Smart Beam LaserをWiFi無線ルーターに接続した後、同じWiFi無線ルーターにiPhone・iPadを接続し、iPhone・iPadがWiFi回線を使用できるようにする必要があります。ここでは、その方法をご紹介します。

※注意:ファームウェアのアップデートのため、過去にSmart Beam Laserを無線ルーターに接続したことがある場合、ルーターとの接続情報が残っているかもしれません。Smart Beam Laserを立ち上げ、Media Sharingモードの初期画面を表示して、「Internet Connected」と表示されていたら、手順12までは省略して、手順13から行なって下さい。
※注意: モバイルWi-Fiルーターを利用すれば、屋外でも同じ事が可能です。

1. Smart Beam Laserの電源を入れ、スクリーンなどに投映します。アップデートが終わるまで、投映したままにしておいてください。
2. 投映された画面が、全体的に赤っぽい「Media Sharing」モードになっていることを確認して下さい。青っぽい画面が投映されている場合は「Media Mirroring」モードなので、電源スイッチをすばやく2回押してモードを切りかえて下さい。

3. 「設定」アイコンをタップします。

4. 「Wi-Fi」メニューをタップします。

5. 「ネットワークを選択」のリストから「SMARTBEAMLASER-○○」を選択します。画面をミラーリングする必要はありません。

6. ホーム画面に戻ってブラウザアプリ(Safariなど)を立ち上げ、アドレスバーに「192.168.49.1」と入力し、アクセスします。

7. ブラウザにSmart Beam Laserのセッティング画面が表示されます。

8.「WiFi」のボタンをタップし、「WiFi connection」画面で「Search」ボタンをタップします。

9. しばらくすると受信したWiFi回線のリスト(所有している無線ルーター、フリー回線など)が表示されるので、接続したいWi-Fi回線を選択します。

10. 9で選んだWiFi回線のパスワード(ルーター等に接続するためのパスワード)を入力し、「Connect」をタップします。

11. Smart Beam Laserの投映画面に「Connecting」と表示されます。しばらくして、接続が成功すると「Internet Connected」と表示され、Smart Beam Laser本体がルーターと接続した状態になります。
※注意:何分経っても「Connecting」のままになってしまったら、機械がハングアップしています。本体背面(レンズがある面の反対側)にあるリセットスイッチを針のような細い棒で押して、Smart Beam Laserを再起動し、手順1からやり直して下さい。

12. 接続が成功すると、iPhone・iPadの画面にも、接続したWiFi回線の名前と「Connecting Forget」と表示されます。

13. iPhone・iPadのホームボタンを押してホーム画面に戻り、「設定」アイコンをタップします。

14. 「Wi-Fi」メニューをタップします(この時点では「SMARTBEAMLASER-○○」が選択されているはずです)。

15. 「ネットワークを選択」のリストから、手順9-10でSmart Beam Laserに接続したWi-Fi回線を選択します。


16. 画面の下端から上にスワイプして、コントロールセンターを引き出します。

17. 「AirPlay」のメニューをタップします。

18. 表示されたリストの「SMARTBEAMLASER-○○」をタップします
19. ミラーリングのスイッチをONにした後、iPhone・iPadの画面がスクリーンにミラーリングされたら接続完了です。iPhone・iPadをWi-Fi回線につないだ状態(モバイル通信を使っていない状態)で、Smart Beam Laserに映像をミラーリングできます。